バリエーションに富まなくていい。献立をパターン化すれば楽になる。

食費の節約
この記事は約2分で読めます。

 自炊を無理なく続けるために、献立を「パターン化」する方法がおすすめです。

 自炊のハードルを上げているもののひとつが、「何を作ればいいのかわからない」という悩みかもしれません。 

 長年、家庭料理を作り続けていても毎日の献立に悩むという声はよく聞きます。


 その解決法の一つが、料理の「定番」化です。

 例えばドイツでは、朝はシリアルやパン、夜はパンにチーズ・ハム、といったように、パターン化した食事が定番だそうです。しかも食事内容はシンプルな印象です。


 日本で理想的な食事としてよく言われる「一汁三菜」にとらわれてしまうと、食材と調理法と味付けを変えて3種類のおかずを、さらに具入りの汁物を、という型が「手間と時間がかかる」イメージにさせていますが、もっとシンプルに楽にしていいんだと思います。


 そう考えると、買ってそのまま食卓に出せるもので簡単に自炊が完成しそうです。

 食事をパターン化して、悩まなくていい、考えなくても準備できる仕組みを作ってしまえば、無理なく継続的に自炊ができると思います。

パターン化の例

 簡単洋食モーニングのパターン例

  • パン(出すだけ)、ハム(出すだけ)、サラダ(市販のカット野菜)、ポタージュ(お湯入れるだけ)
  • シリアル×ヨーグルト、フルーツ
  • 生野菜(ちぎる)とハム(出すだけ)のサンドイッチ
  • ピザトースト

 簡単和食朝ごはんのパターン例

  • ごはん、魚の缶詰(開けるだけ)、レトルト味噌汁(お湯入れるだけ)
  • おかゆ+トッピング(のせるだけ)
  • 卵料理、味付け海苔(出すだけ)、漬物(出すだけ)

 お弁当パターン例

  •  具沢山のコンソメスープ(野菜、ベーコン等)+塩おにぎり
  •  サラダ(ちぎったり野菜とベーコン等)+ドレッシング(食べる直前にかける)+塩おにぎり

 夕飯

  •  丼もの(ごはんにおかずをのっけるだけ)
  •  パスタ(茹でたパスタにレトルトソース)
  •  カレー(ありあわせを入れてカレールーを投入)
  •  肉野菜炒め(ありあわせ野菜と肉を炒めて焼肉のたれ)

 「これだったら無理なくできそう!」という自分なりの定番を見つけて、料理のパターン化でもっと自炊を楽にしましょう。

まとめ

  • 献立をパターン化すれば悩まなくていい
  • 買ってきてそのまま食べられるものを献立に組み込むと楽
  • 朝食、お弁当、夕食とパターンを決めておくと便利

コメント