暑い夏の節約法

節約術
この記事は約2分で読めます。

室内の熱い空気を逃してからエアコンをつける 

 帰宅して閉め切った家の中が暑くなっているときは、すぐにエアコンをつけずに窓を開けて室内にたまった熱を逃してからエアコンをつけるようにします。

 その際、風が家の中を通りぬけやすい窓の開け方をし、風の流れを作ります。(下記参照)

風の流れを考えて窓を開ける

 窓を開けるときは、できるだけ1ヶ所だけではなく2ヶ所以上を開けます。

 その際、「南側」と「北側」のように、対面同士の窓を開けることで、風が通り抜けていきます。

 また、低い位置にある窓と高い位置にある窓をあけることでも、下から上への風の通り道がつくれます。

 とくに、熱い空気は上に上がりやすいので、家の中の一番高いところにある窓を開けることで、家中にたまった熱を逃しやすくできます。

扇風機は涼しい方に背を向けて設置する

 扇風機は、本体の背面から空気を吸い込み前面に風を送り出すため、扇風機を置く位置を工夫します。

 涼しい方に扇風機本体の背中が向くように配置します。直射日光のあたる窓辺などを避け、日が差し込まない場所や、比較的涼しい北側、廊下側などに背を向けて置きます。

エアコンは扇風機(ファン)と合わせて使う

 エアコンからの冷気が部屋全体に広がるように、エアコンをつける時はファンを併用します。

 我が家はリビングが吹抜けなので、天井にシーリングファンを取り付けました。(左写真)

 エアコンだけ使用だと冷たい空気は下の方ばかりにいき、上部(2階部分)は蒸し暑くなりますが、天井のファンを回すことによって、リビング全体が涼しくなります。

外側から窓全体を覆って部屋の温度上昇を抑える

 窓が受けた直射日光も、部屋を暑くしてしまう原因になります。

 よしずやシェードを使って外側から窓を大きく覆うことで陰ができ、窓が吸収する熱が抑えられます。
 シェードのほうがコンパクトに保管できます。

エアコンの室外機に直射日光を当てない

 室外機に直射日光が当たると冷房効率が下がるため、室外機に日よけをします。

 室外機の吹き出し口から室内の熱が吐き出されるため、冷房効率を下げないように吹き出し口をふさがないように注意します。

コメント